« 最近のお気に入り(音楽) | トップページ | ほっこり系(音楽) »

また高カロリーなものを、、、

Ap

発表会にむけてダイエットしなきゃといいながら
またこんな高カロリーなものを焼いてしまった。
「アップル・アップサイドダウン・ケーキ」です。
型の底にお砂糖とバターの溶かしたのを敷き詰めて
シロップ煮のりんごとレーズンを並べて、
バターケーキ生地を流して焼いて焼きあがったらひっくり返して出来上がりです。
紅玉がなかったので大きいフジりんご一個で作りました。
皮の赤い酸味の強いりんごのほうが本当は良かったんですが。
りんごとバターとお砂糖が煮詰まるとキャラメル状態になってめっちゃうまいです。
これは24cmの底の抜ける型にクッキングペーパーを敷いて焼いてるんですけど、
できれば底の抜けない型のほうがとろけた蜜がこぼれなくて良いです。
これ専用にまた大きい型を用意するのも片付かないし、
大体お皿ももっと大きいケーキ皿が欲しいです。

一応分量とレシピ書いておきます。

 Apple Upside-down Cake

材料  21cmの丸型一個分

<トッピング用>
水     100cc
砂糖    20g
りんご   1個半
有塩バター 50g
三温糖   130g
レーズン  適宜

<ケーキ生地>
薄力粉   230g
BP       3g
有塩バター 120g
砂糖     140g
卵(L)    3個
牛乳     大匙2~3

《下準備》 
オーブンは180度に暖める。
BPと粉をふるっておく。
りんごは皮付きのまま7mm厚さに切る。
型のまわりにバターを塗っておく。

《作り方》
切ったりんごを分量の砂糖と水で煮る。
水分がほとんどなくなるくらいに煮るが焼く過程でも柔らかくなるのでそこそこの柔らかさに仕上げる。
トッピング用のバターをチンして溶かし、三温糖を加えて混ぜて型の底に敷き詰める。
三温糖はブラウンシュガーやキビ砂糖でも良い。
表面をきれいにカードやゴムベラでならしたらレーズンを中心に置きりんごを外側から放射状に並べていく。
りんごが多いときは中心までりんごを敷き詰める。
次にケーキ生地をつくる。
バターを大きいあわ立て器ですりまぜ砂糖を加えてふわふわになるまでしっかり混ぜる。
卵を数回に分けて混ぜる。ここで卵が分離せずふわっとなるまでよく混ぜておく。
粉を数回に分けてゴムベラで混ぜる。
牛乳を加える。卵が大きい時は牛乳を少なめにします。
表面をカードで平らにならす。
中心がすこし凹んだようにすると焼き上がりがちょうど良くなる。
180度のオーブンで45分焼く。
竹串をさして何もついてこなければ焼き上がり。
すぐにひっくり返すと蜜がどっと流れるので2・3分置いてから型から抜く。

りんごの種類によっても硬さが変わってくるので何度かつくって感覚をつかむと良いです。
レーズンはぬるま湯でふやかさなくても焼いてる過程でふやけるので大丈夫です。
レーズンでなくてもプラムでも良いです。
温度はガスオーブンでの設定です。
電気オーブンの場合もう少し高めのほうがいいかもしれません。

|

« 最近のお気に入り(音楽) | トップページ | ほっこり系(音楽) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近のお気に入り(音楽) | トップページ | ほっこり系(音楽) »