« ぴったり感 | トップページ | ベストとウィッグ(マリユス) »

リッパー

今日のお道具は「リッパー」です。
あまり名前になじみがなくて「ほどくやつね。」って言うとなんとなく娘はわかってくれる。
リッパー、リッパー、立派なリッパー、うん忘れないぞ。
リッパーって学校のお裁縫セットに入ってたり、ミシンを買うとセットの中に入ってたりで真面目に買わないでもうちにあることが多いと思うのですが、
クローバーの木調のはすっごく使いやすいので買って損はないですよ。

うちにあるの3本をくらべてみますね。
軸の青いのはちょっとおデブさんなので荒い縫い目をほどくにはいいのですが細かいのはだめなんですね。
右の白いのは家庭用ミシンについてきたもので先が鋭くて細身なので細かい目もほどけるけど一方方向に刃が曲がっているので少し角度をつけてほどきたい目のところに突っ込むことになって下手すると地の糸も切ってしまいそうでこわいのですよ。
クローバーのは先が直立してて両側がなだらかに丸みがついているので織り糸を痛める心配がないです。
かなり頭全体が小さいので細かい縫い目もらくらくほどけます。
どんなに頑張ってしつけして切り込みいれて縫っていても裏側は見えないので「ちょっとつれちゃってだめだわ(;д;)」ってときに狙って一目ほどくとかできてよいですよ~
紺のチェックの生地は3マスで1cm弱ですが針目は3マスで6くらいあります。
2mm以下ですが楽々先が入っているのが見えるでしょ。

他にボタンを付け替えるときとかもリッパーは役に立ってます。
あと、しつけをほどくのも大事なお仕事なんで毎日役に立ってますよ。
ボタンホールも上手にすれば穴を開けるのに使えますがへたれなので小さいハサミでやってます。

Ap

Bp

Dp

拍手も毎日ありがとうございます。励みになります。

|

« ぴったり感 | トップページ | ベストとウィッグ(マリユス) »

お裁縫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぴったり感 | トップページ | ベストとウィッグ(マリユス) »