« I・DOLLブース | トップページ | エネルギー充填 »

シリコーンスプレー

この阿呆はまたなんの話を始めるやらと思うなかれ。
最近買ったシリコンスプレーはなかなか使い勝手がよろしいです。

発端は玄関ドアがきーきーいやあな音を立てるようになってなんとかしたいと思ってちょっと調べてみたなりよ
家庭の潤滑油は5-56があればいいとかいい加減にしているのもちょっと限界。

以下は某有名メーカーの説明書き。

<シリコーンスプレー>潤滑・離型剤
金属、ゴム、プラスチック、木、紙などさまざまな素材に使える、シリコーン系潤滑・離型剤
・ 素材表面に耐熱性に優れたシリコーン被膜を形成し、滑りをよくします。
・ 無溶剤タイプなので、金属のほか、ゴム、プラスチック、木、紙などにも使用できます。
・ 潤滑・平滑だけでなく、離型、ツヤ出し、防水効果もあります。
・ あらかじめスプレーしておくと、迷惑なシールやチラシが簡単にはがせます。
・ 有機則規制外商品
用途)
・ 自動車やオートバイ、自転車、機械・工具類、建具、家具類、ファスナーなどの潤滑、ツヤ出し、防水。
・ 金型の離型、シール類の接着防止。

なんか万能くみたいじゃないか。
で5-56とどう違うのかっていうと5-56は「すでに付着している油を落とす」ためのものだそうで、揮発性が高いので、屋外では短期間で脂ぎれを起こすそうな。
シリコンスプレーは、潤滑剤としてのシリコンが残るので結構長持ちするらしい。
でも下手なところにかけるとてかてか光ってかっこ悪そうだ。

F-16っていう皮革製品等の縫製用に作られているシリコーンスプレーもあるんだね。
とりあえずKUREのを買ってきて使ってみる。
布にかけるのは抵抗があるけどミシンの表面にスプレーしてみるとすごくすべりがよくなって合皮も張り付かなくていいです。
ドアとかサッシとか屋内の可動するとこにも使ってみる。
いい感じです。
紙とか木とかいろいろ使えるのがいいかも。

ついでにグリースのスプレータイプの小さいのも買ってきた。
缶入りのが強力そうだけど使いにくそうなんで敬遠。
ミシンの可動部の数箇所につけるといいって書いてあったよ、確か。
ミシン油は修羅場ってくると毎日のように補充しないと音がうるさくなるのでグリースのが長持ちしていい箇所もあるだろうと思ってます。
グリースが古くなって汚れたら5-56かミシン油で掃除してやればいいじゃんとけっこうアバウトに考えてます。
また調べて使ってみます。

なんか化粧品にたとえると556はオイルクレンジング剤又はふき取り化粧水、シリコンスプレーは乳液又はファンデーション、グリースは保湿クリームや高濃度美容液みたいなもんじゃないかね。

|

« I・DOLLブース | トップページ | エネルギー充填 »

お裁縫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179745/13742575

この記事へのトラックバック一覧です: シリコーンスプレー:

« I・DOLLブース | トップページ | エネルギー充填 »